ふろしきるんるん♪

Last Update 2018.05.07

風呂敷は様々なものを包むことが出来るということで、
最近では海外でも人気があるといいます。

その柄や色によって雰囲気がまったく違うので、洋装でも和装でも
どちらにも似合うものを見つけることが出来るのが人気の理由だということです。

風呂敷の素材

風呂敷に使われている素材は大きく分けると4つあります。

まず、正絹、ポリエステル、レーヨン、綿の4種類です。
それ以外にも、ナイロンが使われたものもあり、使い勝手のよい
丈夫なものとして人気があります。

ナイロンの風呂敷の特徴は、強度が高いので重い荷物にも
対応することが出来るということです。

100パーセントナイロンの風呂敷のほかにも、アセテートを含んだ
薄手の紬織り、レーヨンを主にしたしぼりちりめんなど、合成繊維のものも
豊富にあるといいます。

ちりめん調のシボもあるものが多く作られているのが特徴のひとつでしょう。

季節に合う

お手入れをするときは自宅で洗濯するのではなく、ドライクリーニングに
出した方が無難だといえます。

もちろん洗濯機で洗うことが出来ないわけではないのですが、
やはり形や色、生地がいたんでしまったり、はげてしまう可能性もあるので
クリーニングに出したほうがいいということです。

風呂敷は、正式な場以外で季節と合わせた素材や色、柄を選ぶと
ファッション小物としても使うことが出来るので、最近は若い女性にも
使用者が増えているといいます。

たとえば、春の素材はレーヨンやポリエステルがおすすめですし、
夏は絽ちりめん素材が好まれることが多いのですが
通気性のいい綿やナイロン、アセテートをおすすめします。

秋、冬もそれぞれ季節にあったものを選ぶことで、
雰囲気が季節にぴったりのものを使うことが出来るのがいいです。

お手入れや取り扱い方などをきちんと覚えておくことで、
お気に入りの風呂敷を長く大切に使うことが出来ます。

取り扱い方は購入したお店の方やネットなどでも知ることが出来るので、
一度確認してみるのもいいでしょう。

 

綿素材   ポリエステル   ナイロン   再生繊維   ガーゼ素材

Copyright (C) 2011-2018  るんるん. All Rights Reserved.